犬

タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素のバランスのとれたドックフード


タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素のバランスのとれたドックフードはドッグフードを選択するときに最低限クリアしているべきチェックポイントとして、考えておく必要があります。
こちらにドッグフード選び方ガイドがありますので参考にしてください。
人間にとって脂肪、タンパク質、炭水化物の3大栄養素が必要不可欠なように、犬にとってもこれらの3大栄養素が活動をしていく上で、非常に重要です。
ですので大抵のドッグフードにはこれらの3大栄養素が含まれています。

炭水化物は活動するための主なエネルギー源として、欠かせないものです。
この炭水化物はドッグフードという形で最初犬に口から入っていき、次に消化、吸収されるとブドウ糖に分解され、より吸収しやすい形となって人間と同様に腸から吸収され、血液に乗って全体の細胞まで運ばれます。
そして体内の細胞に運ばれたブドウ糖は、細胞が活動する際に消費されます。

炭水化物が不足すると体に脂肪を蓄えるようにしようと、脳が命令を出すので余分な肉がつきやすくなります。
タンパク質は犬にとって、爪や肉、毛を形成するのに非常に重要な栄養素で、なくてはならないものになります。
炭水化物が不足しているときにはこのタンパク質が炭水化物の代わりとなって、エネルギーの源となります。

ただし、その分筋肉などに使われるたんぱく質が少なくなり、運動能力が落ちます。
タンパク質が不足すると、筋肉や運動能力が落ち、爪や毛のしなやかさがなくなります。
脂肪も必要な栄養素で、体内にエネルギーを保持するための役割、ビタミンを分解し、吸収しやすくする役割、皮膚のクッションの役割、肌の弾力を出す役割など色々な役割を持っている栄養素です。

この脂肪は炭水化物やタンパク質が不足した場合にエネルギーとして使われます。
なんと脂肪は1グラムで9kcalものエネルギーとなる力を持っているので、タンパク質、炭水化物に比べて、危機の時に役に立ってくれます。
基本的に犬にとってはこれらの3大栄養素をバランス良く摂取することが必要不可欠で、どの栄養素が欠けても活動に支障をきたすので、これらの3大栄養素がバランス良く含まれているドッグフードを選びましょう。

最近は、小型犬を室内で飼っている方が多くなってきました。
可愛い愛犬に癒される毎日をおくっていることでしょう。
これから犬を飼おうとしている人もたくさんいると思います。
そんな人たちにおすすめのサイトがあります。
こちらのサイトにはペットショップで仔犬を買うときの注意点が載っています。
展示されている仔犬を見るとついつい衝動買いしたくなりますが、買う前にペットショップの衛生管理などをしっかり見てから決めることをおすすめします。