犬

適切なタンパク質コントロールで免疫力を維持できるドックフード

適切なタンパク質コントロールで免疫力を維持できるドックフードは老齢の犬にとって大切な食糧となります。
犬にとっての最適な食事は、高たんぱく、低脂質の炭水化物が少ない食事だと言うと多くの人が眉をひそめます。
人間にとって良い食事が犬にとっても良いかと言うと、多くの場合がそうではないことが多いです。

多くの場合、太りすぎや、かゆみ、感染症にかかりやすい犬、アレルギー体質の犬などに見受けられる共通点としては、安価でコーンや穀物主体のドッグフードを摂取していることがあります。
老齢になり、免疫力も衰えてきた犬や、病気がちな犬に対して多くの飼い主が健康のためにと思って、できるだけ肉を減らして、穀物が主体のドッグフードフードを選ぶのは間違いです。
実は犬にとって身体が弱ってきた時にどのような食べ物の成分が一番役に立つのかと言うと、動物性たんぱく質が豊富に入った食べ物です。

ですので、飼い犬の病気を防いだり、弱ったりしてきた時にはできるだけ良質な動物性たんぱく質が豊富に入ったドッグフードを選ぶのがいいです。
犬にとってたんぱく質が必要だということから、たんぱく質を増やすために大豆を大量に含んでいるドッグフードもあるようですが、そのようなものは植物性たんぱく質なので、犬の健康維持には全く役立ちません。
動物性たんぱく質といってもどのような原材料のものがいいのかというと、ラム肉や、鳥肉が良いです。

そのような肉を原材料としているドッグフードは通常の安価なドッグフードよりも吸収性が高く、適切なたんぱく質量を摂取することができる製品です。
特に老齢犬などでは、タンパク質量が多いドッグフードを積極的に摂取していくことが健康維持に効果的なので、質の高いタンパク質が含まれるドッグフードを選択していくべきでしょう。
また、ドッグフードといとことでいってもウェットフードからドライフードまでの4種類があるそうです。
それぞれの特徴はhttp://xn--qckubrc3d4m.cc/10.htmlにかいてありますので、愛犬に合った種類を選びましょう。
基本的にドッグフードの選択権は飼い主にあるので犬の健康に対して全責任を持つのは飼い主になります。
適切なドッグフードを選ぶことによってしっかりとした栄養を犬に与えていくようにしましょう。

Site Menu

Copyright (C) 2013 愛犬のご飯 All Rights Reserved.