こだわりドッグフード

アレルギーを抑制するベジタブルドックフード

アレルギーを抑制するベジタブルドックフードは、愛犬の健康に慎重なペットオーナーから支持されています。
アレルギー体質の犬に対しては、できるだけ穀物から出るグルテンが入っていないドッグフードを食べさせることが必要です。
穀物のグルテン(ライスや麦)はアレルギーになりやすい犬にとっては絶対に避けたほうがいいです。

ベジタブルドッグフードは犬のそのようなアレルギーになりやすい食品を避け、低アレルゲン主体の野菜で構成したものなので犬にとってのアレルギーの病気を避けることができます。
野菜を犬に食べさせることは、人間にとってと同じように健康増進に良いことなんです。
犬にとっても野菜は抗酸化効果をもたらし、アンチエイジング作用を発揮します。

実はアメリカのあるペットオーナーが、犬に長年にわたりドッグフードと一緒に野菜を与えたところ、27歳まで生きたそうです。
このような強力な野菜の効力を用いて開発されたドッグフードがベジタブルドッグフードです。

中には完全に植物由来の原料から作られたものもあって、特にひどいアレルギーの出る犬にとっては非常におすすめできます。
また、できるだけ保存料、着色料フリーの無添加のものを選ぶようにすると犬のアレルギーは改善していきます。

このように完全に植物由来のドッグフードは犬にとって苦痛だと思われるかもしれませんが、実は犬は雑食動物なので、野菜だけで生きていくことは可能なんです。
肉がないからタンパク質はどうするの?という疑問が出てくると思いますが、ベジタブルドッグフードでは、タンパク源としてきな粉を用います。

また、脂質に対しても敏感に反応する犬に対しても対策として、植物由来のキャノーラ油を用いることによって対応したりしている業者が多いです。
このようなベジタブルドッグフードはビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、健康増進にも役立ちます。

このようないい効果をもたらすベジタブルドッグフードですが、健康上特にアレルギーなどを持っていない犬に対しては、通常の動物性たんぱく質主体のドッグフードを与えたほうがいいです。