こだわりドッグフード

ドックフードと愛犬用サプリメントで栄養補給

通常の食事に加えてサプリメントを摂取することで補助的な栄養を補給することは、私たち人間にとっては普通となってきましたが、愛犬にサプリメントを与える飼い主さんも徐々に増え、現在では犬用のサプリメントとい
うものも多く販売されています。
人間のそれと同様、犬用サプリメントにもさまざまな種類のものがありますが、「何となく良さそう」ということで選んでしまうのは良くありません。

サプリメントは薬ではなく食品なので、副作用や健康被害のリスクは薬品に比べれば低いのですが、組み合わせによっては特定の栄養素が突出してしまうことがあり、弊害を引き起こす恐れもあります。
それぞれのサプリメントの成分や特性をよく理解した上で、愛犬にとって本当に必要なものかどうか考えましょう。

【サプリメントの種類】
サプリメントには大きく分けて2種類あります。

・ベーシックサプリメント 
マルチビタミン、マルチミネラル、アミノ酸…といったように、特に体のどの部分に効くというわけではないけれど、普段の食生活で不足しがちな栄養を補って体調を整えるためのサプリメントです。

・ターゲットサプリメント
関節炎を起こしやすい犬にグルコサミンやコンドロイチン、目の健康を保ちたいならルテインやβカロチンといったように、体の特定の部位に対して機能するサプリメントです。

【過剰症には十分な注意を】
サプリメントは、「ベーシックサプリメント+ターゲットサプリメント」という使い方をするのが好ましいと言われています。
しかし、複数の種類のサプリメントを与えるときに注意したいのが、ある特定の栄養素がどちらのサプリメントにも含まれていて、過剰摂取になってしまう危険性です。

内容成分については、事前にきちんと確認してください。

【薬との併用の場合は動物病院に相談を】
病気や怪我などで服薬治療をしているワンちゃんの場合、サプリメントが思わぬ影響を与えてしまう可能性もあります。
サプリメントを使用する時は、必ず動物病院で相談をし、愛犬にとって本当に良い結果を出せるものかどうか判断してもらってください。