こだわりドッグフード

高齢犬には鶏肉などを使った低脂肪のドックフードがオススメ

高齢犬には鶏肉などを使った低脂肪のドックフードがオススメです。
その理由としては犬は年齢が上がれば上がるほど運動量が落ち、脂肪がつきやすくなり、食欲も落ち、通常のドッグフードでは残す可能性が高くなるからです。
老齢まで通常のドッグフードを食べて、肥満などになった場合には犬は心臓病を患ったり、免疫力が落ちて、病気にかかりやすくなったり、肝硬変になったりなど多くの悲惨な状況が生まれる原因になります。
犬の寿命は人間よりも短いものですから、食生活に気を付けておかないと簡単に命を落としてしまいます。

それを防ぐためにも多くの業者から質の高い鶏肉を使った低脂肪のドッグフードが販売されて多くの老齢の犬を持つオーナーに人気を得ています。
多くのご家庭が食欲がなんとなく落ちてきたなと思った時に自分なりの努力をして、ドッグフードにヨーグルトをまぜたりなど自家製の手法で対処しようとしたりしています。
ですが、高年齢によって食欲が落ちてきている場合は、ドッグフードの量を減らしあげる回数を増やすなどの工夫をすることで、しっかりと食べさせることもできますが、無理に食べさせると肥満の原因などになりかねないので強くおすすめはできません。

大体犬の年齢で言えば7歳から8歳を過ぎてからは脂肪をできるだけ少なくしていって、病気にかかるのを予防していったほうが長く生きることができます。
また、様々な病気を防ぐことができ、犬にとっても健やかで楽しい老年期を過ごすことができます。
鶏肉などを使った低脂肪のドッグフードは鳥のささみやもも肉で質の高い部分を使ったものが多く販売されていて、犬の健康に非常に役立っています。

フリーズドライのチキンの犬用のものなども売られていて、通常のドッグフードに比べて味が良く、高齢の犬や、食欲が減退してきている犬にとっては非常に食べやすくありがたいドッグフードになっています。
インターネットの通販やショッピングセンターなどにもこのようなドッグフードは売られているので手軽に手に入れることができます。
老犬になってくると噛む力が弱くなってきますのでドライタイプとウェットタイプのドッグフードを混ぜたり、ドライタイプを少しふやかしてからあげると食べやすくなります。

こちらには高齢猫向けのキャットフードが紹介されています。
猫を飼っている方はご覧ください。