こだわりドッグフード

抗酸化栄養素入りのドックフードで免疫機能を維持

抗酸化栄養素入りのドックフードで免疫機能を維持しようという飼い主が最近は増えているようです。
では、本当に犬にも抗酸化物質は必要なのでしょうか?
抗酸化栄養素は細胞分子の破壊的な老化のプロセスを遅らせることによって健康を維持するのを助ける重要な要素です。

抗酸化物質は犬における免疫機能の強化とワクチン開発の改善に重要になることがあります。
抗酸化物質はまたシニアの犬のための免疫細胞の機能の低下を防ぐ働きがあります。
一般的な抗酸化物質としてはビタミンA ビタミンC ビタミンE がドッグフードに含まれています。

細胞が体内で機能する時にフリーラジカルと呼ばれる物質が生成されます。
これらのフリーラジカルは不安定なので、脂肪や、たんぱく質、などの他の細胞分子から、安定化するための物質を取る際にそれらの細胞分子を傷つけます。
この細胞分子の損傷は細胞全体を死滅させるまで続きます。

そして、このプロセスのことを過酸化と言います。
抗酸化物質は、このフリーラジカルを安定化させることによって、広範囲の細胞破壊を防ぐために役立ちます。
さらに重要なのは、抗酸化物質は、損傷免疫細胞へのフリーラジカルによる損傷は、感染症のリスクの増加につながることがあります。
人間にとって、酸化防止剤は、免疫システムを構成しているものなどの細胞へのダメージを最小限に抑えるために重要な役目を果たしています。

なので、ある研究機関は、犬の免疫応答に特定の酸化防止剤の利点があるのかどうか研究しました。
これらの研究の結果によって、抗酸化物質は、犬が健康な免疫システムを維持するうえで重要であることが示されました。
更に抗酸化物質には犬の老化を遅らせたり、元気がなくなってきたときに犬を元気にさせる作用があるので、よくシニア犬用のドッグフードに入っています。

結局、抗酸化物質の作用に関しては、人間に対する効力と同程度あると考えていいようです。
そのために抗酸化物質配合のドッグフードは非常に効果が高いと言えるでしょう。
肝臓や心臓、消化器官が弱いワンちゃん向けに作られたドッグフードがhttp://www.tennllama.com/shin.htmlにあります。