こだわりドッグフード

三大栄養素にミネラルとビタミンを含んだ総合栄養食のドックフード

三大栄養素にミネラルとビタミンを含んだ総合栄養食のドックフードは栄養が一番必要な成長期や、体が衰えだした犬にとって豊富な栄養を供給してくれる食品として、大切です。
このような総合栄養食のドッグフードは飼い主にとって手軽で、さらに犬の健康増進に役立つのでかなり人気が高いです。
犬にもビタミンやミネラルが人間同様に必要で、不足すると様々な体の障害をもたらします。

犬に必要な必須ビタミンとしては次のものがあります。
ビタミンAは視力の維持、適切な成長、免疫システム、および繁殖に必要です。
ビタミンDは、犬が腸からカルシウムとリンを吸収するのを助けます。

ビタミンEは、実際には化合物であり、繁殖の際に役に立ちます。
また、それは、酸化から犬の細胞を保護するのを助ける酸化防止剤の働きをします。
ビタミンKは血が固まるのを助けます。

ビタミンB は、B1、ナイアシン、B2、パンテトン酸、ピリドキシン、B6、ビオチン、ビタミンB12、コリン、葉酸、およびイノシトールがあります。
ビタミンB郡は新陳代謝を助けます。
ただし、ビタミンB郡は、水溶性で水に溶けやすい性質を持っているので、犬が摂取する場合でも1日数回に分けて摂取するほうがいいです。

ビタミンCは、コラーゲンの生産を助けて、適切な骨と靭帯を保つのに不可欠です。
しかしながら、人間などと異なって、健常犬は体内でビタミンCを製造できます。
こちらも水溶性のビタミンですので1日数回に分けて摂取するほうがいいです。

犬にとって必須ミネラルとして、以下のものが上げられます。
カルシウムとリンは適切な骨形成と骨を強靭にするために必要です。
マグネシウムは、新陳代謝における適切な心臓の機能、神経系機能をサポートするのに必要です。

塩化ナトリウムとカリウムは細胞機能を正常に保つために役に立ちます。
微量ミネラルとして、特に鉄、銅、マンガン、亜鉛、沃素、セレニウム、フッ素、コバルト、およびモリブデンは、赤血球と皮膚細胞の生産を含むさまざまな生体機能に必要です。
このようなビタミン、ミネラルも含んだ総合栄養食のドッグフードは水溶性ビタミンなども配合されている点から1日に3回から4回に分けて与えるほうが健康増進効果が高いです。
こちらのhttp://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/dog.htmlにドッグフードとキャットフードの違いについてや、犬がキャットフードを食べても良いのかについての解説がされています。